特産・お土産

白老のアトリエ『小野寺マリレ』ファンタジーリアリズムな世界を感じよう!

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

画家の小野寺マリレさんが描く世界は、ちょっと独特な『ファンタジーリアリズム』

ファンタジーは、超自然的、幻想的、空想的な事象をいい、リアリズムは実写主義、現実主義を指す言葉。

リアリズムを『意識』と言うならば、ファンタジーは『無意識』というように、『ファンタジーリアリズム』は、相反する世界なのでは?

そんな全く反対の、よくわかんない世界を描いているスーパー元気なおばあちゃんが白老にいるんですよ。

モデルはなく、自身のイマジネーションだけで描く絵には、様々な想いも込められています。

ハッキリ言って、ナビは芸術オンチ。なので、マリレさんの話した言葉通りにご紹介していきます!

オーナーで、画家の 小野寺マリレ さんにお話を伺いました。

 

『アトリエ小野寺マリレ』基本情報 / information

住所 / ADD 白老町社台277-44
電話 / TEL 090-9084-8209
※10時以降にかけてください
OPEN 15:00~19:00
CLOSE 不定休 / Irregular

 

【 アクセス / access 】

車でお越しの方は、国道36号線、白老牛レストランいわさき『おもてなし亭』で、反対側の海側に曲がります。一つ目の角の右側がアトリエです。

白老のコミュニティバス 元気号 も 交流促進バスデマンドバス も『ヨコスト』で降車後1分で着きますよ。

 

【 外観 / outside 】

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

この白い壁と三角屋根が目印。

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

アトリエネームもあるので、わかりやすいです。

手書きの『OPEN』サインが出ていたら、いつでもお気軽に来てくださいね。

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

この表札は、スペインタイル工房  ミナミナ で作ってもらったものです。

 

【 入口 / entrance 】

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

アトリエの入口は、向かって左側です。

 

【アトリエ内部】

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

アトリエには所狭しと絵画が展示されています。

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

マリレさんは、1階の窓辺で絵を描いていますよ。

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

アトリエには2階もあって、階段を上がっていきます。

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

階段から見下ろしたアトリエも圧倒的雰囲気!すごい!

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

2階にも絵が展示されています。

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

鉛筆で描かれたものもあって、小野寺マリレ作品の奥深さを感じます。

 

絵画の前に『小野寺マリレ』さんをご紹介

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

撮影:村上かん

小野寺マリレさんは、シュトラスブルグ(当時ドイツ)に生まれたドイツ人です。日本人外交官の小野寺さんと結婚し、帰化しています。夫の小野寺さんは、1993年に亡くなりました。

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

子供の頃の写真も見せてくれました。かわい~ぃ

 

プロフィール

1965
ミュンヘン大学で建築を学び卒業
1966
東京に移住
1970/71
画家フックスの元で古典混合技法を学ぶ
1970/73
ウィーン応用美術大学入学
1982
ウィーンにて画家フッターの元で卒業
1980
タイ王国大学で壁画修復を学ぶ
1982
同大学で上級過程を修了
1985-91
ウィーン派絵画スクール東京の校長を務める
1991-2017
ドイツやウィーンをはじめ世界を渡り歩く
2002
ナナイ族から生命の樹を学ぶ
2017~
北海道白老町に移住 アトリエにて制作活動

引用:小野寺マリレ・リーフレットより

このプロフィール見てもらってわかる通り、すごい人なんです!

そんな言葉、知ってるの?ってくらい流暢な日本語を話すので、コミュニケーションは全く問題なし。ですが、漢字は読めないんです。

ドイツ語・ロシア語・英語と日本語で対応できますので、お問合せは電話でお願いします。

 

【ナビが見た小野寺マリレさん】

このプロフィール見たら、すごい人だな…近寄りがたい…と思われるかも知れないので、白老の元気なおばーちゃん的小野寺マリレの素顔もご紹介します。

起床時間はそう早くないので、電話は10時以降にかけるようにしています。

週2回は、パークゴルフに行って身体を動かしているんですよ。

コーヒーを飲みながらのおしゃべりが大好きで、現在彼氏募集中!笑

 

それでは、ここからはマリレさん本人が話した言葉で、アトリエとファンタジーリアリズムの世界をご紹介します!

 

小野寺マリレ的『ファンタジーリアリズム』の世界

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

アトリエに入ると、左側の壁にはマリレ的十二支の絵画が展示されています。

正直、ツラーっと見ていたら、これが十二支だなんて、全くわからないですね。

これが、マリレの世界か…。

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

これはマリレさんが見た社台の風景なんですって。そんな説明を受けています。

マリレ
マリレ
もちろんホントじゃないよ、イマジネーション。その辺に大根が植えられてるじゃない?笑 浜辺で人が散歩していたり釣りをしている所。
白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

色鮮やかな水彩画です。が、なぜに植物をまとった女性なのかな~?こういうの、全部意味があるんですって。←これも聞いたけど、忘れちゃった…ごめん。

マリレ
マリレ
(自分の描く絵には)必ず意味があるんだねー。意味のない絵は、絵じゃないでしょ。

気に入った絵に出会ったら、そこに込めた意味も聞いてみることをお勧めします。というか、ナビは聞かなきゃわかりませんでした!聞いても忘れるし笑

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

この絵、こっちから見ても…。

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

こっちから見ても、目が合ってしまう、不思議な絵。まるで、トリックアート!どんなカラクリがあるのか聞くと、

マリレ
マリレ
わかんない…。
白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム
マリレ
マリレ
私の絵は、立ってないの。飛んでるのが多いでしょ。女性の不安を表してるのよ。

確かに、飛んでる…というか、浮かんでいる絵が多いですね。

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム
マリレ
マリレ
私の絵は、全部女。男は好きだけど、男は描かないよ笑
白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

自分が女だから、いつも自分のことを描いている。

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

自分の気持ちから描くので、女性の様々な気持ちを描く。

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム
マリレ
マリレ
女の人のLIFEを見せたい。だからおっぱいも出してるよ笑

マリレさんの説明を聞いていると、ゲラゲラ笑ってしまったわ。

マリレ
マリレ
見る人の心で感じて欲しい。アートを楽しんでほしい。

はい。間違いなく楽しめました笑

 

『小野寺マリレ作品』購入できます

アトリエには、プライスリストもありますので、お気軽に値段を聞いてください。

30×40㎝のサイズで、アクリルなら3万円から。油絵は12万円からになっています。

マリレ
マリレ
そんなにバカ高くないよ笑

 

ラナピリカでも展示販売中

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

白老町大町にあるカフェ『 ラナピリカ 』でも小野寺マリレさんの作品を展示販売しています。

社台のアトリエまでは行けなくても、お茶やランチタイムのついでにぜひ見てくださいね。

 

『小野寺マリレ作品』はハートで感じよう

白老 小野寺マリレ アトリエ 絵画 ファンタジーリアリズム

小野寺マリレさんの作品は、色鮮やかで惹き込まれるものもあれば、ん?これは…何を表しているのかな?的なものまで様々。

ハートで感じるも良し、マリレさんから説明を受けても良しのアトリエ。こんなに作品の近くに作家さんがいて、そのリアルな声を聞けることがすごくないですか?

アトリエ見学は無料!もれなくマリレ節もついてくるので、有意義な時間を過ごせること間違いなしですよ。

白老でファンタジーリアリズムな世界に浸れるのは、間違いなくこのアトリエだけですよ!