泊まる

北海道白老町『ピリカレラホテル』源泉かけ流しモール温泉&全6室オールスイート客室

北海道白老町のピリカレラホテルの紹介です

ピリカレラホテルは、6室だけのプチホテル。

その全てが50平米越えのスイートルームという極上オーベルジュなんです。

全客室に備え付けられた源泉かけ流しの温泉は、北海道遺産にも登録されている希少なモール温泉。

そんなピリカレラホテルに宿泊してきました!

ここは間違いなく非日常の世界だけど、肩肘張らずにそのまんまの自分で滞在できる素敵ホスピタリティに包まれたホテルでした。

お話を伺ったのは、支配人 兼 料理長の小山さんとサブマネージャーの高木さんです。

 

Instagramの投稿を使用させていただきました皆様に感謝します
Special Thanks : 画像提供 Naoto Fujisawa

 

Instagramの投稿には複数枚の画像があります。投稿の右側にある マークをタップして見てくださいね。

『ピリカレラホテル』基本情報 / information

住所 / ADD 白老町日の出町1丁目3−15
電話 / TEL 0144-85-4001
チェックイン 15:00〜18:00
チェックアウト 〜11:00
料 金 1泊2食付 ¥38,500
※連泊の場合、公式HPからの予約で割引あり
全館貸切プラン あり
公式HP ピリカレラホテル
注 意 12歳以下のお子様、ペットはご利用になれません
※全館貸切の場合、お子様もご利用できます

 

ピリカレラホテルへのアクセス・外観

【 アクセス / access 】

電車やバスならJR白老駅から1Km、車で約3分の距離です。

新千歳空港からは43Km、車で約1時間になります。

 

 

【 外観・駐車場 / outside 】

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿


ピリカレラホテルの門構えがシンプルで素敵すぎ。

外観は入口の上のガラス窓にアイヌ文様が目を引きます。白老感出てますね〜。

レンガと煙突と大きな石。隣のレストランの建物と層を奏でる岩に、これからのステイに期待感が膨らみます!

アイヌの家『チセ』からインスパイヤーされたレストランの外観に見入っちゃいますね。中はどんな感じかな〜、ワクワク。

北海道の他地域に比べると、圧倒的に雪の少ない白老ですが、少し雪がかぶった外観も素敵でした。

駐車場は、ホテルの前の敷地内にあります。

 

ピリカレラホテルの館内

【 エントランスホール 】

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿

ホテル内に入るとすぐにフロントが見えます。

その左側には応接セットやストーブがありますよ。

右側にはホテルで使われているアイヌ文様入りの陶器やグッズなどの販売コーナーと飲用の温泉水が出ています。その奥に喫煙コーナーがあります。

 

【レストラン】

レストランは2カ所あります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿


鉄板フレンチコースは、こちらのレプン(海)。

アイヌの家『チセ』をイメージしていて、鉄板を囲むように半円のカウンター席になっていて雰囲気抜群です! チーフやスタッフの方との会話を存分に楽しめました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿


和食会席はこちらのシラル(磯)。

こちらも料理人の手元を見ながらのお食事が愉しめるカウンター席です。

 

【エステルーム】

エステルームはノンノ(花)。

白老町内で開業しているセラピストのゆうこさん( lelienlinks2018)が担当しています。

エステメニュー

●120分(フェイシャルorヘッドスパ付き) ¥20,000
●90分(フルボディー) ¥17,000
●60分(背面or全身クイック) ¥12,000
●60分(フェイシャル&デコルテ&ドライヘッドマッサージ) ¥15,000
●40分(ヘッドスパ&デコルテ) ¥8,500
●40分(リフレクソロジー) ¥8,500

※各エステ延長可能(10分 ¥2,000)

 

【トイレ】

トイレ前の壁にもアイヌ文様の装飾があって、目を引きます。

 

【 ラウンジ 】

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿


コタン(村)という名のラウンジ。

今回はフロントで名前を伝えると、まず、こちらに通されました。

広々大きめの応接セットが置かれていて、ウエルカムドリンクが出されます。いくつかのドリンクメニューから選べました。

ウエルカムドリンクのお供は、手作りのフィナンシェ! お試しください、と温泉水もいただきましたよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿


このレセプションルームに準備されているものは、全てフリードリンク。夕食の後には、食後酒が並べられます。

近隣の観光情報等もありました。

全て一点ものの、アイヌ文様刺繍が施された館内着が置かれていて、好きな柄を選べます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

さお(38) Sapporo.(@konta224)がシェアした投稿


そう、ピリカレラホテルでは、館内着のままお部屋の外に出られるんです。もちろんレストランも! このクラスのホテルなのに、まるでお家感覚なのがすごい!

 

【廊下】

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿


ラウンジを出ると、廊下にはこの彫刻!

この彫り物は、ホテルオーナーの所有物だそう。これ見るだけでも、お泊まりする価値がありますよね!

そして、この先にある自動扉を通ってお部屋に向かいます。

 

ピリカレラホテルの客室

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿

ピリカレラホテルのお部屋は全部で6室。全て50平米越えのスイートルームです!

お部屋には全てアイヌ語の名前がついています。ナビはこちらのノチユ(星)にお泊まりしました。

玄関がとても広くて、ベンチがあるので非常に便利!

右手にお部屋、左手の手前がトイレ、奥が浴室になっています。

まず、お部屋は…。セミダブルベッドが二つあって、マッサージ機があります。

もちろん、WiFiもばっちり使えます。ナビもこのカウンターでPC作業しました。とっても静かなので、作業はかどりますよ〜。

ノチユは和洋室だったので、座椅子もありました。ちなみに、和洋室は3室。洋室も3室あるそうです。

蛇口があって、コーヒーメーカーや冷蔵庫も全てフリードリンク。アイヌ文様の陶器がとっても可愛らしいです。

窓を開けると、縁側がありますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿


お部屋の向かい側には、トイレと浴室があります。

浴室では、じゃんじゃんモール温泉が注ぎ込まれていましたよ〜。温泉については後述します。

お部屋のドアが閉められるし、廊下を挟んでいるので、トイレや浴室の音は聞こえないんじゃないかな〜。 1人だったからわからないけども笑

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿


アメニティも充実、タオルにもアイヌ文様が入っていました。

ガウンとパジャマとソックスがあります。温泉あがりに、このガウン着まくりました! こんなにガウンを着用したの、初めて笑

 

【館内の雰囲気を画像でまとめてみました】

 

この投稿をInstagramで見る

 

しらおいナビ(@shiraoinavi)がシェアした投稿

どこを切り取っても素敵すぎたな〜。こんなに静かに刻まれる時の中での滞在、思い出しただけでも癒されます。

 

源泉かけ流しの『モール温泉』

泉 質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(モール温泉)
泉 温 45℃
P H 8.72
効能(浴用) 慢性皮膚炎・慢性消化器病・神経痛・リウマチ・運動麻痺・糖尿病・冷え性・慢性婦人病・疲労回復・やけどなど
効能(飲用) 慢性消化器病・慢性便秘・糖尿病・肝臓病・痛風

館内に掲示されていた温泉の説明には…

北海道遺産<モール温泉>に選定された白老温泉。源泉は地下1,345mより毎分100L湧き出しています。
泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、美人の湯・美肌の湯ともいわれております。
源泉100%かけ流し、加水、加温、循環はしておりません。

ということで、これはすごい!ナビがこれまで白老町内で取材し、掲示されていた成分表で見る限り、PH最高値です!

 

客室風呂

 

この投稿をInstagramで見る

 

しらおいナビ(@shiraoinavi)がシェアした投稿


全ての客室の浴室には、このモール温泉。窓側にピッタリと浴槽があるので、窓を開けると半露天風呂のようにして入浴できます!

お湯はしっかりあたたまる温度ですね〜。

温泉から上がったら、身体ぽかぽか、汗もジワジワ。

浴槽は肩までしっかり浸かれる深めのタイプ。半身浴用の椅子も用意されているので、この極上湯を自分のペースで堪能できます。

お部屋にはマッサージチェアーがあるので、入浴 → マッサージ → 入浴…の無限ループでした。最幸

 

露天風呂『ピリカの湯』

 

この投稿をInstagramで見る

 

しらおいナビ(@shiraoinavi)がシェアした投稿


露天風呂『ピリカの湯』は、貸切で利用します。1回の利用時間は45分。

フロントにある予約表に名前を記入して予約完了。予約した時間になったら、まずフロントに鍵を取りに行って、露天風呂へ。

露天風呂には、タオルもお水も準備されているので、お部屋の鍵だけ持っていけばOKです。

露天風呂と言っても半分屋根がかかっているので、余程の悪天候でない限り入浴できます。

同じ温泉ですが、外気温のせいか、お部屋の温泉より少しだけ温度が低く感じました。ずっと入っていられるちょうどいい温度です!

浴槽は浅い部分と深い部分があります。浅くなっている所では寝浴もできるし、のぼせずにずっと入っていられました。

この椅子に寝転んで、白透水を飲みながらの入浴。45分があっという間でしたが、ナビが宿泊した日は、他の宿泊の方が露天風呂を予約していなかったので、なんと入り放題

朝は、近所のニワトリの声が聞こえてきて、コケコッコーな気分になりましたよ笑

 

お食事は選べるフルコース

和食会席

 

この投稿をInstagramで見る

 

しらおいナビ(@shiraoinavi)がシェアした投稿

この日のシラル特別会席献立

●お箸付:落葉きのこの三升漬け/アサリとつぶと木耳の和え物/鯖棒寿し
●造り:松川/北寄貝/ボタン海老/鮑
●焼物:鰊の杉板焼
●蓋物:蟹けんちん蒸し
●箸休め:ブルーベリーうす密煮かき氷
●進肴:白老牛A4ランクサーロインステーキ 牛タタキ
●食事:焼きおにぎり 茶漬け うに
●デザート:いちじく/胡麻ミルクゼリー

鉄板フレンチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

しらおいナビ(@shiraoinavi)がシェアした投稿

この日のメニュー

●4種のキノコと秋鮭のマリネ
〜サワークリームと赤ワインのソース
●厚岸産カキのグラチネ
●壮瞥産セミドライトマトのポタージュ
〜登別牛乳の泡〜
●野菜のブレッセ
●日高産ヒラメのポワレ・タラバガニ
〜赤ピーマンとエビのソース〜
●ラム香る柿のグラニテ
●白老牛A4ランクサーロインステーキ
〜ガーリックソルト・わさびオイル・ハニーマスタード〜
●ガーリックライス/白老牛スープ
●小菓子 5点盛り

 

朝食

 

この投稿をInstagramで見る

 

しらおいナビ(@shiraoinavi)がシェアした投稿

ある日の和朝食

●いくらの醤油漬け
●あぶり漬けマグロのおろしがけ
●虎杖浜産たらこ
●ヤリイカの佃煮
●エビのせ卵豆腐
●北竜町産黒千石大豆納豆
●きのこの時雨煮とほうれん草
●無農薬野菜のサラダ
●漬物・海苔
●壮瞥産ななつぼし
●フルーツカクテル
●ヨーグルト
●登別牛乳

あと、包み焼きがありましたが、お魚の名前を失認しました汗

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

箕輪玖美(@kumi.111)がシェアした投稿

SNSでもお食事の投稿がたくさん見られます!

 

▼お料理を作っている様子やレストランの雰囲気など、ピリカレラホテルのお食事について徹底解説!

白老町のピリカレラホテルのお食事について説明します
白老『ピリカレラホテル』極上オーベルジュの選べるフルコースディナー徹底解説!朝食も!北海道白老町にあるオーベルジュ『ピリカレラホテル』の最大の楽しみは料理! なんと『和食会席』と『鉄板フレンチ』の2つのフルコース料...

ピリカレラホテルに実際に宿泊してみて

実際に宿泊してみて、スタッフの方から聞いたお話やナビが感じたことをお伝えしますね。

 

【自分だけのために時間を使う贅沢】

ピリカレラホテルに泊まって感じたことは、誰にも邪魔されない時間を持つこと、自分だけのために時間を使えるって必要なことなんだな、ということ。

ピリカレラホテルは、全6室だけの宿泊者全員に目が行き届くキャパなので、特にそう感じられたのかもしれません。

宿泊の前々日だったかな? アレルギーや苦手な食材はないかの確認のお電話があったんですよね。

誰かが自分のためにこんなに準備してくれていることがとても嬉しかったです。

 

【 スタッフの方との会話 】

なんと言っても心に残っているのが、スタッフの方との会話。

こだわりぬいた食材のことや調理方法、まかない料理がどれだけ美味しいか、人生最後の職場にしたい等など、いろんなお話が聞けました。

温泉で身体を温め、スタッフとの会話で心が温まりました!

ホテルスタッフだから、そりゃぁ、接客のプロではあるのですが、そこにそれぞれのお人柄が加味されて、じんわりするんです。

 

【食後のデザート

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

TOMOMI(@tomtom0328)がシェアした投稿


ピリカレラホテルでは、ミニブーケとグラスシャンパンが付いているお祝いプランがあります。

 

【ピリカレラホテル宿泊時の注意点】

ピリカレラホテルでは外までお見送りに来てくれます

ピリカレラホテルには全て整っているから、お泊まりに必要なものは何にもないです。自分が使うパソコンとかそういうのだけでOK。

でも、一つだけ準備できるなら、洗車をして行った方がいいです笑

ナビの車、汚かったんですよね…汗

スタッフの方が外まで来てお見送りしてくれるのですが、超絶恥ずかしかった! この時、近くまで来ないで〜って思ってました笑

 

白老の極上ステイなら『ピリカレラホテル』

ピリカレラホテルのお見送り

外観から見ているだけだった時は、どんなホテルなのかわからず、敷居が高そうという印象を持っていたピリカレラホテル。

実際に館内に足を踏み入れると、そんな勝手な印象は、すぐに吹き飛んでしまうほどの宿でした。

言葉にすると『ホスピタリティ』なのかな? うーん、ちょっと違う。

ただただ、普通に温かいんです。大袈裟じゃないの。

胆振(いぶり)の極上に美味しい食材をアートに変えて提供されるお食事と、源泉かけ流しのモール温泉も一緒に愉しめるから、食いしん坊さんも温泉loverの方にも超絶おすすめできる宿です!

 

【編集後記】

たまたま 白老・虎杖浜温泉サイト の記事執筆のための取材で伺い、お話を聞いた時にとてもいい印象を持ったんです。

ここは、すごいぞ!実際に泊まってみたい!…と思っている時に、なんと別( IBURI DOT SITE )の取材で宿泊できることに(歓喜!)

同時に、しらおいナビへの掲載も快くOKをいただいたのです。

お料理の写真撮影をメインとした宿泊だったので、多大なるご配慮をいただいて撮影することができました。

小山さん、コロナウイルスのワクチン接種した日だったのに笑

そして、お話を聞かせていただいたスタッフの皆様、本当に本当にありがとうございました。