eat

白老のテイクアウトコーヒー『ポッペ』ドッグランもレストハウスも楽しめる!

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー ドッグラン

白老のテイクアウト専門のコーヒー店『ポッペ』

ナビも、ポッペに何度かおじゃましていますが、テイクアウト専門のはずなのに、なぜかお持ち帰りする人を見かけたことがありません。←もちろん、ナビも笑

それもそのはず。関西弁を使う移住者のオーナーとの語らいがすこぶる楽しい!

そして、ポッペの広い敷地内には、手作りのレストハウスやドッグラン・遊具があって、ニワトリのコッコちゃんが放し飼いの、自然満喫ワンダーランドなんです!

テイクアウトコーヒーなのに、持ち帰る人がいないのにはワケがある!

オーナーは、宇根岡 誠 さん、コーヒーを淹れてくれるのは、ひろみさんです。

Although “Poppe” is a takeaway coffee shop, hardly anyone takes coffee away.  Most people choose to enjoy coffee inside the shop. That is because customers enjoy speaking to the owners using the Kansai dialect.  The owner is Makoto Uneoka. And it is Hiromi who brews coffee.

 

白老のテイクアウトコーヒー『ポッペ』基本情報 / information

住所 / ADD 萩野458-73 /  458-73, Hagino
電話 / TEL 090-4304-3514
OPEN 11:00~15:00
(土・日・祝 / Sat・Sun・public holiday)
CLOSE 月~金 / Mon to Fri

 

白老『ポッペ』へのアクセス / access

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

ポッペに近づくと、こんなに可愛らしい看板を見かけます。これは、宇根岡さんが廃材を利用して作ったもの。

行ってみようかな、という好奇心をくすぐるかわいい看板です。

When you approach Poppe, you will see a cute signboard. This is made by the owner using waste materials. It is a cute signboard that inspires curiosity.

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

白老のコミュニティバス 元気号 なら、『町立病院⇔緑泉郷⇔北吉原本町生活館』線の 太平洋団地 で降車してくださいね。

また、ポッペの可愛らしい看板発見!ここを右折します。萩野荘太平洋団地の看板がある十字路です。

するとすぐにフシコベツ川があり、橋が架かっています。

Heading for Poppe from Route 36, you will see the sign for Poppe again, over Haginosato Hall. Turn right here. You will soon pass a river and a bridge.

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

徒歩なら、その橋をわたってすぐに、この看板の所で散歩道を行きましょう。非常に気持ちがいいです。ここからポッペまでは、およそ300メートルです。

When you walk, cross the bridge and follow the promenade at this signboard. From here it is about 300 meters to Poppe.

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

車の場合は、橋を越えて一つ目の十字路で左折すると左側にポッペがあります。営業している時には、旗が立っているので、すぐにわかりますよ。

専用の駐車場はありませんが、周囲の道は路駐禁止にはなっていませんので、こちらに停めてください。

By car, turn left at the first intersection after the bridge and you will find Poppe on the left. When it’s open, you’ll know right away because the flag will be standing. There is no private parking, but parking is permitted on the surrounding roads.

 

テイクアウト専門『ポッペ』のメニュー / menu

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

※コーヒーだけはいつも置いていますが、他のメニューは変更になる可能性があります(以下メニューは2020年1月現在)
※マイカップ持参で10円引きです。

160円のドリンクメニュー

●コーヒー
●セイロン紅茶
●オレンジジュース
●アップルジュース
●ミルク(ホット・アイス)

 

200円のドリンクメニュー

●アイスコーヒー
●アイスティー
●アールグレイ紅茶
●ジャスミン茶
●深むし静岡煎茶
●ミルクティー(ホット・アイス)

 

フードメニュー

カレーパン / Curry bread ¥250 ナビおすすめ

 

雑貨等

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

水引アクセサリーは、ひろみさんの手作り。リクエストオーダーすることができるので、わんちゃん用も作ってもらえますよ。

Mizuhiki (Japanese traditional wrapping) accessories are handmade by Hiromi.

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

わんちゃん、ねこちゃん用のおやつも購入できます。

Snacks for dogs and cats can also be purchased.

 

白老『ポッペ』の広い敷地内ご紹介

ポッペのひろ~い敷地にあるものは、全て手作り!宇根岡さんがセルフビルドしているんです。秘密基地が広がっているみたいで、ワクワクしますよ!探検隊気分でご紹介します!

Everything on the open site of Poppe is all handmade! The owner is self-building. It looks like a secret base is spreading, so it’s exciting!

【入口 / entrance】

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

車で来ると、こちら側から入ります。

When you come by car, enter from here.

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

お散歩道からくると、ここが入口。

This is the entrance when you come from the promenade.

 

【コーヒースタンド / Coffee stand】

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

この看板に付いて行き…

Follow this sign…

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

コーヒーはここで購入します。チーンとベルを鳴らしてくださいね。

Buy coffee here. Please ring the bell if no one is present.

ドッグラン / Dog Run

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

敷地の中央にはドッグランスペースがあります。ここは、お散歩によく来てくれるナナちゃんのために作り始めたのがきっかけになりました。

半端ないオモテナシですよね…笑

There is a dog run space in the centre of the site.

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

この日は、出来上がったばかりのドッグランスペースに、初めてナナちゃんがやってきました!ナナちゃん、ご満悦です

On this day, Nana came to the dog run space and completed for the first time! Nana is pleased

最近では、たくさんのワンちゃんを見かけます。

とっても優しい、そら君

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿

もふもふミルクちゃん、キターーーーー

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿

遊具

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿

子供が遊べるスペース、できました!

レストスペース

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

ストーブを囲んで、自由に休めるスペースがこちら。そう、ここがテイクアウトのお店なのに、お持ち帰りする人をなくしてしまうスペースなんです!

宇根岡さんとお話したり、ここに来た方同士でお話していたり、それが本当に自然にできちゃう不思議な空間。

気軽に立ち寄りたいと思えるのは、宇根岡さんの引力なのかもしれません。

Here is a space where you can rest freely. A mysterious space where you can talk with the owner or people who come here and do so naturally. It may be the owner’s personality that makes you want to drop in casually.

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

車のレストスペースもあります。

There is also a car rest space.

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

のぞいてみたくなりますよね!どこに飲み物を持込んでもOK!です。

You will want to look into it!

 

【新緑がきれい!】

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿

新緑がまぶしい季節に、空を見上げてみませんか?

 

白老『ポッペ』の川沿いを歩いてみよう

『ポッペ』のご近所に暮らし、愛犬のナナちゃんとよくお散歩にくるという光さんと一緒に、川沿いの道を歩いてみました。

Hikaru lives near Poppe and often walks with her pet dog Nana. I walked along the riverside promenade with her.

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

冬のお散歩の楽しみは、葉が落ちた木々!鳥の巣を発見できるんです。季節が巡り葉が出て巣が見えなくなっても、この場所を覚えておくと、鳥たちが集まってくるのがわかりますよ。

We have found a bird’s nest!

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

ナナちゃん、楽しそう!

ポッペまでは、ほんの300メートルの距離ですが、本当に気持ちがいい!車でお越しの方も、ぜひ歩いてみてください。

ちなみに、光さんはものづくりの達人!アイヌ刺繍の小物やソウタシエアクセサリー、つまみ細工の小物などを作っています。作品を購入することもワークショップを依頼することもできますよ。

【白老で個人依頼】講師やものづくり等の達人【まとめ一覧】白老は、自然が豊かで、美味しいものがたくさんある田舎町。 そして、人的資源も豊かな町なんです!←さすが、元気町! 顔の見えな...

 

関西弁のおじさんが白老で『ポッペ』をはじめたワケ

【北海道が大好き】

大阪出身の宇根岡さん。元々北海道が大好きで、毎年夏には来道していたそう。そして、退職したら、北海道に住みたいと思い続けていたそうです。

 

【移住までの道のり】

白老を選んだのは、とにかく田舎暮らしがしたかったから。

海が近くて釣りができる、アイヌ文化の息づいている町という点も気に入ったそう。

そして現在の土地を実際に見に来てみると、まっすぐな道に林、でも団地が近くて寂しくない、そして小川が流れている…と自分の思い描いていたベースキャンプ的な土地だったのが購入の決め手になったそうです。

 

【ポッペの始まり】

川沿いの道をお散歩している人が休憩できるようトイレを作ったのが始まり。

声を掛け合ううちに、お茶を飲んでいく人が増えていき、その流れでコーヒーを提供するようになったそうですよ。

 

『ポッペ』オーナーの宇根岡さんはこんな人

元々、中学校の教師だった宇根岡さんは、自然無料が好き。そして、面倒なことはキライだそう。

オーナー宇根岡さんを一言で語ると、商売っ気のない関西人。

なんと、ひろみさんが作るアクセサリー代金も含めて、ポッペの売上の半分は、北海道盲導犬協会しっぽの会 に募金しているんです。

どうみても、儲けなんかない…。

ただ、このポッペに人が来てくれるのが嬉しいし、気持ちのハリにもなっていると話してくれました。

 

白老のお茶のみ友達『ポッペ』に行こう!

白老 ポッペ テイクアウト コーヒー 持ち帰り

ポッペの魅力は、本当にただ、ぷら~っと寄れる所。まるでお茶のみ友達の家に行くような、そんな感じだと思うんです。なんにも気をつかわずに。

『ポッペ』は、こんな方に超絶おすすめします。

☑ 四季の移ろいを感じたい
☑ セルフビルド・日曜大工が好き
☑ 白老への移住を検討していて情報を集めている
☑ 美味しいコーヒーを飲んで一息つきたい
☑ ペットと一緒にドッグラン
☑ 子供と一緒に探検!
☑ 関西弁のおじさんとおしゃべりしたい

“Poppe” is highly recommended for people who…

  • want to feel the changing seasons
  • like building and DIY
  • are considering immigration to Shiraoi and gathering information
  • want to have a break and drink delicious coffee
  • want to take a walk with their pets or children
  • want to converse in the Kansai dialect

落ち着ける場所や気のおけない友人がいるって、人生に深みを与える要素。

ポッペは、そんな深み増し条件がそろっている場所です。

いつ行っても「あー、いらっしゃい」って、普通に言ってくれる。大袈裟じゃなくて、普通に。満面の笑みじゃなくて、普通の笑顔で。

多分お持ち帰りできない、テイクアウトコーヒー飲みに行ってみませんか?