暮らし・その他

白老町のまちの本屋『またたび文庫』新装オープン!新刊&中古本!オンライン販売・出張買取も!

北海道白老町の唯一のまちの本屋『またたび文庫』を紹介します

本屋さんがなかった白老に、救世主が現れました!

と書いたのは、2023年のこと。

そう、またたび文庫が2024年5月3日(金)にリニューアルオープンしました!

目を見張るほどスタイリッシュなのに、木の温もりを感じられる「まちの本屋」さんに生まれ変わりますよ〜。

そして、レンタルルームやレンタルスペースもあるから、どんどん使っちゃおうよ。

『またたび文庫』は、新刊も中古本も取り扱っているから、お気に入りの本がきっと見つかる!

そして、なんと本の買取も行ってくれます! それも出張もOKなんです! マジデスカー

驚きを隠せない全方位型の本屋さん、これはまず行ってみるべし!

店主は、羽地 夕夏(はねじ ゆうか)さんです。はねちゃんって、呼んでください♪

 

『またたび文庫』基本情報 / information

住所 / ADD 白老町大町3丁目9-11
営業時間 12:00〜18:00
定休日 火曜日〜木曜日
ホームページ(note) またたび文庫
オンラインショップ またたび文庫
instagram matatabibunko_hon

 

【GoogleMap / グーグルマップ】

 

【 アクセス / access 】

またたび文庫がある場所は、白老のど真ん中。大町にあります。

白老駅からは、400メートル、徒歩約6分です。近い!

 

 

『またたび文庫』の外観・店内

【 外観 / outside 】

北海道白老町の唯一のまちの本屋『またたび文庫』

ここが『またたび文庫』です!

お店の周りに、車は5〜6台ほど停められます。

もしも、車がいっぱいだったら、中央広場 に停めてください。徒歩約1分位です。

 

 

【 店内 / inside 】

北海道白老町の唯一のまちの本屋『またたび文庫』の店内

木の香りがする店内、広い!

床が一段高くなっているんだけど、靴のまま上がってください。

この床材は、厚真町の 木の種社 の床材を使用して、セルフビルドしたそう。すごいな〜。

手作りの本棚が、プチ迷路みたいになっていて、素敵ラビリンスな世界。

 

北海道白老町の唯一のまちの本屋『またたび文庫』の店内

玄関を入って、正面を真っ直ぐ進むと、窓側には椅子が置いてあります。

本を手に取って、じっくり吟味する時間。ここに腰を下ろしてみない?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

しらおいナビ(@shiraoinavi)がシェアした投稿


本はね、絵本のコーナーとかママ向けの本とか。

北海道にまつわる本やアイヌに関する本。

そんな風に分けられています。

大体、上段は新刊で、下段は中古本。中古本にはお値段が付いてますよ。

 


この店内の雰囲気みて!

素敵よね…

 

 

【トイレ】

絵本のコーナーの隣には、トイレがあります。

 

 

【レンタルルーム】

 

この投稿をInstagramで見る

 

しらおいナビ(@shiraoinavi)がシェアした投稿


その隣は、レンタルルームの『精神と時の部屋』

素敵すぎるから、見て〜。

イメージだけど、ナビはハリーポッターの世界!って思いました笑

上下逆さまに置かれたタンスの引き出しがデスクになっていて、昭和のビックリハウス的な?笑

ロッキングチェアーに揺られながら、本を読んでもいいし、パソコンワークにも良いと思います。

レンタル料金 1時間 ¥1,000
※白老町民 ¥500
※高校生以下は ¥100以上でお値段自由(笑)
予 約 申込フォーム
電 源 使用可
WiFi

 

 

【レジカウンター】

北海道白老町の唯一のまちの本屋『またたび文庫』のレジカウンター

そして、ここがレジカウンター。

店内ではカイザーのコーヒーも飲めるから、こちらでオーダーしてください。

 

 

【2階レンタルスペース】

北海道白老町の唯一のまちの本屋『またたび文庫』の階段

玄関を入って、すぐ右の階段を上がると2回のレンタルスペースです。

 

北海道白老町の唯一のまちの本屋『またたび文庫』の2階レンタルスペース

広い!

営業時間内で使われていなければ、1階から本を持ってきて、ここで読んでもいいそう。

 

この広いスペースは使える!

ぜひ、じゃんじゃん使ってください。

レンタル料金 1時間 ¥1,000
予 約 申込フォーム

 

▼現在は、ヨガレッスンを定期開催していますよ〜。

開催日 第2・4月曜日
開催時間 18:30〜19:30
参加費 ¥1,000
申込み 不要
インストラクター minnano.yoga

 

 

またたび文庫の取扱本

またたび文庫が取り扱うのは、流行り廃れのない本。

例えば、ビジネス書やハウツー本のように、こうすれば月収●●円!とか、いますぐ実践!みたいな本は取り扱っていません。

また、時の人が書く暴露本なんかも無いです笑

羽ちゃんの選ぶ本は、ちょっと考えを深めるような本。

映画のポスターの画集だったり、海外で活躍する日本の書道家の作品集だったり。

読んだり、見たりしている時間が自分の財産になっていく…そんな本がそろっています。

 

 

【またたび文庫的三部作】

北海道白老町の唯一のまちの本屋『またたび文庫』の選書3部作

羽ちゃんが選書した『またたび文庫的三部作』

テーマごとに文庫本が3冊入っている、福袋的?お楽しみ袋的?な新しい本との出逢い。

自分で選ぶと、どうしても偏ったりするから、こういうのイイ!

それに、大都会の巨大本屋さんでは、こんな風に本を紹介してもらえることないですもんね。

白老のまちの本屋さんの一番の魅力がここだと思う。

 

 

【新刊】

新刊は約800冊程度の在庫があります。

オンラインでも販売していますよ。

 

【古本】

中古の本は、約1,000冊。

提供いただいた本や自分の蔵書が並んでいます。

本の状態にもよりますが、定価の半額以下で販売しています。

これは中古?と聞いてしまったほど、キレイな本ばかり。

譲り受けたり、買い取った本を並べているそうですが、大切にされていたんだな〜とわかります。

 

【買取】

羽ちゃんは、古物商の許可をとっているので、古本の買取ができます!すごい!

ここまで読んでいただいたらわかると思うのですが、ビジネス本やハウツー本、時の暴露本や健康法などの本は多分お値段がつきません笑

あとは、状態が悪い、ページがない、ほこりや汚れのあるものも難しいです。

●アイヌ関係の本
●北海道の歴史

に関する本は、非常にありがたいとのことでした。ぜひぜひお声かけください。

1冊からでもOKなので、気軽にお持ち込みくださいね。

たくさんあって持ち込めないよ〜とか、またたび文庫まで行けないよ〜という方は、出張買取も行っていますので、まずはご相談ください。

お値段の付けられなかった本でも、処分はできるということでした。

 

【イベント開催】

またたび文庫では、毎月、イベントを行なっています!

Instagramで告知していますので、ぜひフォローしてくださいね。→ こちら

 

 

『またたび文庫』店主の羽地夕夏さんプロフィール

羽地夕夏(はねじ ゆうか)さんは、沖縄県の読谷村(よみたんそん)出身。

読谷村は、沖縄本島の真ん中あたりの西側にある村。残波岬が有名で、ドライブで立ち寄ったことがある人も多いのではないでしょうか。

世界遺産の座喜味城跡や体験型のテーマパーク、そして大型リゾートホテルもあります。

雑学ですけど、日本の村の中で一番人口が多く、なんと2024年3月末には、4.2万人も村民がいらっしゃるそうです!

ちなみに、白老の町民は1.5万人デス…。

羽ちゃん、白老に来てくれて、ありがとう!笑

 

羽ちゃんは、本が好きだったおばあちゃんの影響で、小さな頃から本に親しんでいたんですって。

小学生の頃の『星の王子さま』から始まって、ミステリーが好きだったおばあちゃんからは、江戸川乱歩、東野圭吾、赤川次郎などの単行本をもらっていたそう。

大学生になると、古本屋を巡り、本のある場所が好きだったという羽ちゃん。

卒業後は、東京の出版社で働きました。

 

白老に出会ったのは、大学4年生の時。友人の元に遊びに来たことがきっかけでした。

白老には本屋さんがないと聞き、『自分が大好きな本で町おこしをしたい』と一念発起。

白老町の地域おこし協力隊となったのです。

実際に白老に住んでみて、ますます白老が大好きになった羽ちゃん。

●ご飯が美味しい
●食住は困らない
●湧水が汲める
●自然との距離感が近い
●町からすぐ自然
●町の人が移住者を受け入れてくれる

白老のこんなところが気に入っているそうです。嬉しいな〜。

 

【白老のお気入りのお店はココ】

●かのうち珈琲

ここに出会ってから、コーヒー豆を買って自分で淹れるようになりました。

オーナー鹿野内さんのお人柄も大好きです。

白老 かのうち珈琲 自家焙煎 コーヒーショップ カフェ コーヒー豆販売 テイクアウト 
白老の自家焙煎コーヒー『かのうち珈琲』カフェ利用・テイクアウト・コーヒー豆販売も!白老の、のどかな場所にある団地内にコーヒーショップ『かのうち珈琲』 自家焙煎のコーヒー豆で、ハンドドリップで淹れるコーヒーは、楽々...

 

●haku ●休養林荒井工芸館 ●カメラのむらかみ の雰囲気が好きとのことでした。

完全、同意ですね!

このチョイスを聞いて、羽ちゃんって「人」が見えたような気がしました

 

 

白老唯一の本屋『またたび文庫』

またたび文庫には『この本に出逢った自分の人生が好きになる』そんな本がそろっています。

またたび文庫の選書を見ても、これまでのエピソードを聞いても、羽ちゃんと話していると、なんか癒されるな〜って感じます。

多分、羽ちゃんの声だと思う。深夜ラジオのパーソナリティーみたいに沁みてくる感じ。

沖縄の風がそうさせているのか、羽ちゃんの放つ雰囲気が素敵すぎ。

またたび文庫で、朗読のイベントとかやってほしいな、なんて密かに想いました。

本当に気軽に立ち寄っちゃっていいと思う。

白老の真ん中にあるから、待ち合わせとかに使うのもあり!

本屋さんで待ち合わせって、なんだか懐かしい感じ。くすぐったい

ぜひぜひ、リニューアルオープンするまたたび文庫に立ち寄ってみてくださいね!