たべる/eat

白老でアイヌ料理『美味しいオハウ』を楽しめる店3選+おまけ!| For tourists

白老 オハウ 観光 アイヌ料理

アイヌ料理の大定番といえば、なんといっても『オハウ』

オハウは食べ応えのある大きな具がゴロゴロ入っているスープで、メイン具材によって、チェ(鮭)オハウとかユク(鹿)オハウなど言います。

塩味のシンプルスープのオハウは、アイヌ民族の母の味!

この記事では、アイヌ文化の息づく白老町で食べられる『美味しいオハウ』を集めてみました。

For tourists

この記事は、白老観光協会< 白老駅北観光インフォメーションセンター >に寄せられた観光客の皆様からの質問をもとに構成しています。観光客目線のここが知りたい!をテーマに、シリーズ化していきます。ぜひ、ご要望もお寄せください♪

※掲載は店名の五十音順です。

 

白老でオハウ①『かふぇピラサレ』

白老 オハウ ピラサレ
住所 白老町本町1-1-1
(白老コミュニティセンター1F)
電話 090-1384-0141
OPEN 10:00~14:00 1
CLOSE 月曜日 / Monday 2
WIFI あり
Instagram pirasare_

1:ランチ提供は、11:30~13:30
2:コミュニテーセンター休館日とコミュニティーセンターでイベントのない土日

白老 アイヌ カフェ ピラサレ オハウ
【白老のアイヌ文化発信カフェ】かふぇ ピラサレ / pirasare白老町のコミュニティセンターの1階にオープンした ピラサレ は、アイヌ文化発信カフェ。 ピラサレは、アイヌ語で「広げよう」という意...

ピラサレの『オハウ』

白老 オハウ ピラサレ
価 格 ¥300
種 類 日替わり
予 約 不要

なんと、オハウ単品なら¥300です!

白老は美味しいものがたくさんあるので、せっかくだから色々と食べたいなぁ~というツーリストにはピッタリ!

とは言っても、握り拳くらいの大きなじゃがいもが丸々入っているし、ニンジンも大根も、そしてドデカイ鮭も入って、大きな椀で出てくるんですよ~。

 

【オハウ定食もあります!】

白老 カフェ ピラサレ

オハウにイナキビご飯と副菜が付く定食は、なんとワンコイン!(税込550円)

調理スタッフは、アイヌ協会の会員さんなので、それぞれの家庭に伝わる味を提供しているんですね。

そして、アイヌの方々がそうであったように、食材は地元のものを使用しているんですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

obachanyogini(@trip.and.yoga)がシェアした投稿

テイクアウトもできますので、お気軽にご利用ください。

 

白老でオハウ②『ミナパチセ』

白老 オハウ おすすめ
住 所 社台191-10
電 話 080-1874-3624
OPEN 11:00~17:00
CLOSE 火・水
Wifi あり
Facebook コミュニティカフェ ミナパチセ
白老 カフェ ミナパチセ
【白老のコミュニティカフェ】ミナパ チセ / Minapa Cise | 読者限定クーポン付白老にあるカフェ『ミナパ チセ』は、人が集まるコミュニティカフェ。 興味深いイベントが多く、その企画力やサポート力は秀逸! ...

ミナパチセの『オハウ』

白老 オハウ おすすめ ミナパチセ
価 格 ¥500
種 類 チェ(鮭)オハウ
予 約 事前にお問い合わせください
店主 直美さん
店主 直美さん
母から受け継いだ『オハウ』は、囲炉裏で作るように、コトコトと弱火で時間をかけて作っています。

材料は、旬のお魚と地元の野菜。塩麹で下準備をして素材の味を引き出し、塩のみで味付けしています。

白老 オハウ おすすめ ミナパチセ

絶対に追加オーダーしたいのは、いなきびおにぎり!ほんのり塩味のふわふわおにぎりです!

 

【ミナパでいただけるアイヌ料理】

白老 オハウ ミナパチセ

ミナパチセでいただけるアイヌ料理は、まるでプチフルコース!

【アイヌ料理 内容】
●チェプ(鮭or鱒)焼き
●ユク(鹿)焼き
●旬の素材の和え物
●ポツポツ(つぶしたカボチャと豆の和え物)
●シト(団子)
●イナキビご飯
●オハウ

このアイヌ料理は、¥1,500でご用意できます。(デザートとエント茶付きは¥2,000)

お料理を食べながら、アイヌ料理の背景にあるアイヌの精神性やアイヌ文化、店主の祖先のなどのお話が聞けるというオプション付き!一気にアイヌワールドへ誘われますよ!

※アイヌ料理は、3日前までにご予約下さい。

白老 オハウ ミナパチセ

さらにミナパの白老食材を使ったテイクアウトお弁当には、1~2品のアイヌ料理を入れています。こちらも、ぜひご利用くださいね。

 

白老でオハウ③ 『カフェリムセ』

住 所 白老町若草町2-2-1(ウポポイ歓迎の広場内)
TEL 0144-85-2177
OPEN ウポポイの開園日時に準ずる
CLOSE ウポポイの閉園日時に準ずる
wifi ウポポイのフリーwifi使用可
ウポポイ カフェ CaféRIMSE  リムセ アイヌ料理 アイヌスイーツ アイヌ刺繍 お土産
ウポポイの歓迎の広場『Café RIMSE(カフェリムセ)』アイヌ伝統料理&スイーツ!ウポポイ(民族共生象徴空間)の歓迎広場に新規オープンした『カフェ リムセ』 リムセで提供されているのは、アイヌの伝統料理やおやつが...

カフェリムセの『オハウ』

白老 アイヌ料理 カフェリムセ キナオハウ

※画像はキナ(野菜)オハウです。

価 格 ¥650
種 類 ●チェ(鮭)オハウ
●キナ(野菜)オハウ
予 約 不要

白老産の鮭と野菜のチェオハウとベジタリアン対応のキナオハウが選べます。

ウポポイができる前の旧アイヌ民族博物館の頃から提供していたアイヌ料理は、博物館職員の方からの直伝!それを、登別温泉の某旅館で料理長を勤めあげた料理長が調理しています。

 

【カフェリムセのアイヌ料理&スイーツ】

ウポポイ カフェ CaféRIMSE  リムセ アイヌ料理 アイヌスイーツ アイヌ刺繍 お土産

カフェリムセのオハウは、どちらもセットにできます!画像は、チェオハウのセットです。

【セット内容】
●オハウ
●いなきびごはん
●ラタシケプ(混ぜ煮)
●小鉢
●漬物
●コンプシト(昆布タレのかかったいももち)
●野草茶

ウポポイ しらおいおいしいプロジェクト カフェリムセ チタタプ風

さらに、白老育ちの牛と鹿のチタタプ(タタキ)風肉団子のスープもあります。

ウポポイ カフェ CaféRIMSE  リムセ アイヌ料理 アイヌスイーツ アイヌ刺繍 お土産

そして、さらに、アイヌスイーツのペネイモ(じゃがいもを凍らせて作ったお団子)やペネイモぜんざいもあるんです。

そして最後にもう一つ!ピパヤ(ヒエ)の甘酒もありますので、ぜひトータルに楽しんでください!

 

おまけの〆オハウ『河庄』

白老 オハウ 河庄
住所 / ADD 白老町大町3-10-7
電話 / TEL 0144-85-2600
OPEN 17:30~22:00
CLOSE 日曜日・月曜日
白老 ファミリー居酒屋 河庄 山菜料理 きのこ鍋 白老ディナー 地元料理
白老の味『ファミリー居酒屋 河庄』16種類の天然きのこ鍋と山菜料理!天然のキノコや山菜、自分で釣ってきた川魚など、河庄だからこそ楽しめるお料理が自慢の居酒屋。中でも、16種類もの天然きのこが入った『きのこ...

河庄の『〆オハウ』

白老 オハウ 河庄
価 格 飲食をされた方に無料サービス
種 類 チェプ(鮭)オハウ
予 約 不要

二代目マスターが釣った鮭で、若女将しのぶさんが作る夫婦オハウがこちら。

鮭のアラを使って出汁をとっているから、スープを飲んだ瞬間、口の中で鮭が遡上してきます!

しのぶさん
しのぶさん
飲んだ後の身体に染み渡るようにつくりました

しのぶさんの人生初オハウは、旧アイヌ民族博物館で食べたもので、あまりの美味しさに感動したとのこと。その味を再現しようと パクッた 試行錯誤を繰り返してできたのがこのオハウなんですって。

こちらの〆オハウは、お椀での提供。飲食後のサービスなので、サイズもちょうどいいですね。

 

自分で作るオハウはいかが?

民族共生象徴空間ウポポイの『体験学習館』では、アイヌ料理の調理体験プログラム『ポロトキッチン』で実際に調理することができますよ。

調理内容は月替わりなので、何度行っても楽しめます!

季節の食材を使った具だくさんスープ「オハウ」など、美味しいアイヌ料理の調理を通じてアイヌ文化に触れてみませんか?

【2021年2月のメニュー例】
●カモハウ (鹿の干し肉を入れたスープ
●ユㇰカㇺハンバーグ(鹿肉のチタタㇷ゚(たたき)を焼いたハンバーグ )
ペネサヨ(ジャガイモで作った団子を入れたおかゆ)
今月のデザート:3種のシト(キハダの実のタレ、胡桃のタレ、ペネエモ)

引用:ウポポイ公式HPより

※調理体験プログラム『ポロトキッチン』は、こちら

 

白老で『美味しいオハウ』を食べよう!

白老で食べられる『美味しいオハウ』

大地の恵みを塩味でまとめたシンプルスープは、誰もがホッとできるテイスト!

どの店舗も伝統の味を受け継ぎ、大切に時間をかけて提供していますよ。

大きな椀でメインディッシュとしていただくことも、スープとしてさらりといただくこともできる万能選手!

ぜひ、白老で味わってみてくださいね。