温泉

北海道白老町の日帰り入浴『虎杖浜温泉ホテル』源泉掛け流し温泉&ラグジュアリー休憩所

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!

白老町虎杖浜エリアにある『虎杖浜温泉ホテル』の温泉棟が新築オープンしました!

50年以上の歴史があった虎杖浜温泉ホテルの日帰り温泉「ぬくもりの湯」

昭和の香り漂うプールやゲームセンターがなくなっちゃって、ちょっぴり寂しい…

ケド、こんなにも美しく快適、さらにラグジュアリーに生まれ変わって、大歓喜!

ナビも早速、温泉に浸かってきました!

以前の、歴史を感じる岩風呂ワイルドな雰囲気も大好きだったけど、リニューアル後のこの快適さも、本当に素晴らしすぎ。

ちょっと新しすぎてビビっちゃったら困るので、ぜひこの記事をみて予習してくださいね笑

今回は、スタッフのAさんとSさんに、温泉入浴後のルームウエア&汗ダラダラな状態でお話を伺いました〜。

 

虎杖浜温泉ホテル『日帰り入浴』基本情報

住 所 白老町虎杖浜73-5
電 話 0144-82-8267
営業時間 9:00~22:00 (最終受付21:00)
定休日 年中無休
Instagram kojohamaspahotelofficial

 

【GoogleMap / グーグルマップ】

 

『日帰り入浴』入浴料 その他

平日 ●大人 ¥850
●小学生 ¥500
●幼児(1〜5歳) ¥300
土日祝日 ●大人 ¥950
●小学生 ¥550
●幼児(1〜5歳) ¥350
回数券
11枚綴り
¥8,500
※曜日に関係なく使えます
※有効期限は3ヶ月
レンタル品 ■バスタオル ¥220
■フェイスタオル ¥110

 

『虎杖浜温泉ホテル』の泉質

泉 質 ナトリウム塩化物泉
泉 温 44.1℃
PH 8.5(弱アルカリ性)
微弱黄色澄明

と書かれていましたが、虎杖浜温泉ホテルは複数の源泉を持っていて、それをミックスさせてるそう。

季節によっても違うんだけど、ミックスさせたときの温度は、およそ48℃くらい。

それを「熱交換器」に通して、温度調整しているんですって。

高温湯も中温湯もありますが、これ、全部正真正銘の源泉掛け流しです!

加水も加温もしてないんですよ〜。

 

『虎杖浜温泉ホテル』アクセス・駐車場

【アクセス / Access 】

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!

看板も新しくなりました〜。これを目指して来てくださいね!

お隣には、虎杖浜のセブンイレブンがありますよ〜。

 

JR虎杖浜駅からなら、約750m、徒歩10分です。

白老のコミュニティバス 元気号 なら、『 虎杖浜2区 』で降りましょう。

 

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!

登別駅からなら、無料で乗れる ゆたら号  が むっちゃ便利です!

 

 

【 駐車場 】

もともと広い駐車場で大きな車でも大丈夫なのですが、プールがあった場所も駐車場になったので、さらにワイドです!

白老 ウポポイ キャンピングカー 歓迎 駐車場 車中泊
キャンピングカー利用者必見!大きな車も駐車大歓迎な白老の店舗・温泉等ご紹介!キャンピングカーやキャンピングトレーラー、その他ちょっと大きめな車で白老町へお越しくださる方必見! 余裕の駐車スペースがあり、大き...

 

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!

ややや。温泉棟は駐車場からも中を伺うことができます!

やば、これはワクワクしますね!

 

改装後の虎杖浜温泉ホテルの館内へ

【 入口 / entrance 】


虎杖浜温泉ホテルの入口から入りますよ〜。

ここで靴を脱ぐスタイルです! ザ・日本!

 

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!靴を脱いで入ります。

ロッカーに靴を入れて、鍵をかけてね。

この鍵は、帰るまで自己管理になります。

 

【 券売機 】

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!券売機で入浴券を購入します。

ロッカーの向かい側に、日帰り入浴の券売機があります。

現金もカードも各種QRコード決済でもOKです。便利。

 

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!入浴券がこちら

入場券はこんな感じ。

 

【温泉棟への通路】

虎杖浜温泉ホテルの日帰り入浴をご紹介します。

券売機で入場券を購入したら、フロントの横の通路を通って温泉棟へ。

『大浴場』の看板がありますよ〜。

 

【フィットネスジム / FITNESS GYM 】

 

この投稿をInstagramで見る

 

しらおいナビ(@shiraoinavi)がシェアした投稿


大浴場への通路の右側にジムがあります。

こちらもかなりスタイリッシュに変身しましたね〜。

日帰り入浴と一緒だと¥300。ジムだけなら ¥500で利用できますよ。

ジム料金も券売機での支払いになります。購入画面の2ページ目にあります!

 

【自動販売機コーナー】

 

この投稿をInstagramで見る

 

しらおいナビ(@shiraoinavi)がシェアした投稿


ゲートをくぐると、自動販売機のあるホールがあります。

ソフトドリンクとビールとアイスクリームの自動販売機があります。

テーブルセットが3つとかくれんぼできそうなお洒落ソファもあります。

 

【リクライナールーム】

 

この投稿をInstagramで見る

 

しらおいナビ(@shiraoinavi)がシェアした投稿


ここ、すごい!

19型テレビ付きの電動リクライナーが11台もあるんです。

リクライナーの右側には、TVチャンネルと音量のボタン。そして、リクライニングボタンとフットレストの調整ボタンがあります。

スピーカー内蔵のヘッドレストなので、自分のテレビの音だけ聞こえてきます!

テレビがついている所、人がいるわけなんですけど、いるのかどうか、わからないよね?

背もたれが電動で調整できるから、起き上がりに腹筋も使いません!ラクラク!

スタッフSさん
スタッフSさん
高い飛行機って、こんな感じなのかな〜?

ナビが乗るクラスではないことだけは確かですね!

そしてドリンクホルダーも読書灯も電源もある!USBもタイプCもあるから、なんでも充電できますよ。

もう、ここに住みたい笑

ちなみにリクライナールームには、飲み物の持ち込みOKです。

※食べ物の持ち込み・お食事はご遠慮願います。

 

▼お食事はレストランでどうぞ。

<ランチタイム>11:30〜14:30(LO14:00)
<ディナータイム>17:30〜21:00(LO 20:30)


 

【渡り廊下】

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!廊下です

ここを通って新築の温泉棟へ。この日はオープン日だったので、お花がズラッと並んでました。

 

【休憩所】

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!休憩所

琉球畳が敷かれた休憩所、広い!

お座敷スタイルでくつろげるし、ちゃぶ台のようなテーブルもあります。

TVはなんと75インチ! その下にソファがあるの、見えるかな?

TVの反対側の、ナビが画像を撮っている方の壁側にも同じソファがありますよ。

 

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!休憩所で遊ぶ子

ホテルがリニューアルすると聞いて、札幌からお泊まりに来ていたご家族。

ママが姉妹だそうで、いとこ同志になるお子様たちが遊んでいて、むっちゃかわいかったな〜

 

源泉かけ流しの大浴場へ

※特別に撮影許可をいただきました。本来は撮影できません。

【入口】

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!大浴場入口

女性の大浴場が手前、男性用が奥にあります。

 


自動扉を入ると、日帰り入浴のレンタルタオル返却BOXがありました。

 

【脱衣所】


大小のロッカーがズラッと並んでいます。177まで番号がありました。

手すり付きの椅子が置いてあったり、おむつ替え台もありました。

洗濯機も乾燥機も2台ありました。入浴中に洗濯できるって、むっちゃ便利ですよね。

 

【パウダールーム】

 

この投稿をInstagramで見る

 

しらおいナビ(@shiraoinavi)がシェアした投稿


どこを切り取っても「個」が保たれているというか、ホッとしますね、この令和的デザイン。

脱衣所に続くパウダールームというかスペースには、鏡&ドライヤースペースが10ヶ所、洗面台スペースが4つありました。

ドライヤーは合計14個あるので、待たずに使えそう。

洗面台には、ティッシュや綿棒もありましたよ。

 

【大浴場へ】

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!大浴場入口

ばばーーーん。大浴場に入ると、目に飛び込んでくるのはこんな感じ。

歩いてみると、浴室の床材が滑りにくい材質になってるのがわかります。

では、まずは左側を見てみましょ。

 

●シャワーブース

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!シャワーブース

シャワーブースが15ヶ所あります。

予備の椅子や洗面器、お子様用の椅子などもありました。

この棚には、持参のバスグッズも置けましたよ。

 

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!シャワーブースは区切られてる

1つの区切りの中に、シャワーが3〜4つ。

お互いに背を向けているのと、一ヶ所ずつ区切られているので、ここもパーソナルな感じですね〜。

それぞれにシャンプー・コンディショナー・ボディソープ・フェイス&ハンドソープが置かれていました。

この1月から新ブランドとして展開された「ネイチャー&コー」が備えられています。

 

●サウナ

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!サウナ前

大浴場に入って、シャワーブースの反対側には、かけ湯、シャワー、ウォータークーラーと続いて、その奥にサウナがあります。

シャワーが2種類あるんだけど、大きな方は海外のホテルによくあるタイプでテンション上がります! 熱帯雨林にふる雨みたいなの。

 

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!サウナ

サウナもこんなに広い!

上の段は90℃を超え、下の段は70℃を超えていました。

そして、なんとこのサウナ、オートロウリュなんです!

毎時00時と30分には天井からサウナストーンめがけて、水が出るんですね〜。

蒸気を発生させて、サウナ室内の湿度を上げることにより、体感温度も上昇。身体の新陳代謝を促す効果があるそう。

確かに室内の温度は変わらなかったけど、ナビはちょっとだけ耳がアツ痛くなりました。

隣に座っていた方は、鼻が痛いと言われていましたよ。

 

●水風呂

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!水風呂

サウナを出て、すぐ右隣には「水風呂」

スタッフAさん
スタッフAさん
この水風呂、オススメです。地下水を使っているから、13℃くらいなんですよ〜。一般的な水風呂より若干冷たいので整います!笑

サウナーの皆さ〜ん。聞いた?笑

 

水風呂とジェットバスの間には、露天風呂への入口があります。

●露天風呂


ぷぅ〜んと木の香りがして、モクモクの湯気が踊っています。素敵。

 


浴槽、むっちゃ広いけど、何人くらい入れるのかな〜。10人くらいなら、両手を広げてもぶつからなさそう!

浴槽には半周というかL字にステップがついているから、半身浴もバッチリ。

外気温にもよるかもだけど、この日は寒かったからか、ちょっとぬるめに感じました。

 

●ジェットバス


温度は中温湯と同じくらいかな〜。

ジェットが強めでゴーゴーいっていて、気持ちがいいです。

 

●高温湯

北海道白老町の日帰り温泉「ぬくもりの湯」源泉かけ流しのラグジュアリー温泉に生まれ変わりました!高温湯と中温湯

ジェットバスの隣には「高温湯」

スタッフAさん
スタッフAさん
昔から、漁師さん達はあっつい温度を好まれるんですよ〜。

なるほど〜。外の作業は寒いですもんね。

 

●中温湯

「高温湯」のお隣、突き当たりの一番大きな浴槽は「中温湯」です。

高温湯でピリッとしてから入ると、とにかく気持ちがいい。良すぎる。

いつまでも入っていたくなるちょうどいい湯加減なんだな〜。

ステップがあって半身浴もできるから、長風呂決定。

 

床材が滑りずらいから、小さなお子様連れやご高齢の方と一緒に入浴する時なども、とにかく安心だと思いました。

休憩用の椅子もあるし、温度の違う浴槽もあるし、アメニティもホテルクオリティなの、嬉しすぎる。

広いロウリュ機能付きのサウナや露天風呂もあって、のんびりと源泉掛け流しの温泉を堪能できました!

 

令和の日帰り温泉『虎杖浜温泉ホテル』へ

「昭和」の匂いが色濃くプンプンしていた「ぬくもりの湯」が、洗練された温泉に大大大変身。

令和の、それもコロナ明けモデルとも言うべき「個」を意識したお洒落さ。

日帰り入浴の営業時間は、9時から22時までの13時間。

ラグジュアリーな休憩所もリクライナールームもあるから、お昼寝しちゃってもイイ。

カップルで来ても、待っている時間が苦にならない、と言うか、逆にのんびり待っていたい!

脱衣所には洗濯機があって、お洗濯もできるから、旅行やキャンプ中に寄るなら、こんな日帰り温泉だよね。

あとね、スタッフの方がとにかく優しいので、付け加えておきます。

ということで、温泉王国の白老町に、また自慢できる日帰り温泉が爆誕したことをお知らせしますね!

 

※以前の「ぬくもりの湯」と見比べたいと言うマニアの方は、こちら