体験・アクティビティ

白老『ポロトの森エコミュージアム』樹液ワークショップ参加体験レポ!

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

白老のポロト湖を含む広大なポロト自然休養林(以下、ポロトの森)。

ポロト湖畔には、ウポポイ(民族共生象徴空間)も開設され、この森もさらに注目されること間違いなしのエリア。

そんなポロトの森のアクティビティなら、『ポロトの森エコミュージアム』におまかせ!

2020年3月、イタヤカエデ(メープル)の樹液採取ワークショップに参加してきました。

ガイドしてくれたのは、白老町の地域おこし協力隊の藤田 姫夏さんです。

 

『ポロトの森エコミュージアム』の基本情報

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取
団体名 ポロトの森エコミュージアム推進協議会
住所 白老ポロト自然休養林
(ポロトの森キャンプ場内)
メールアドレス poem@shiraoi.net
Facebook ポロトの森エコミュージアム
Instagram poem_porotoecomuseum
HP ポロトの森エコミュージアム推進協議会

【ポロトの森エコミュージアムとは?】

私たち〈PoEM〉ポロトの森エコミュージアム推進協議会は、
先人たちアイヌ民族や森の生きものたちが愛し守り続けてくれた
〈ポロトの森〉〈ポロト湖〉をこれからは自分たちの手で守っていき、
この先もずっと誰かの居場所となるよう、
白老町の自然を愛する複数の団体が手を取り合って設立された協議会です。
壮大な森と湖、そして満点の星空を楽しめることができる
奇跡的な場所として、
これからもポロトの森がより多くの人に愛され、大切にされていくためにも、
情報交流拠点の整備やイベント開催などをみなさまと行なっていきます。

引用:ポロトの森エコミュージアム ホームページより

※ポロトの森エコミュージアムには、2名の専属ガイドがいます。

 

樹液採取ワークショップ体験!

【集合】

集合は、ポロトの森キャンプ場のビジターセンター。正直、ここは車でなければ行くことができません。送迎が必要な方は、別途ご相談できるそうです!

 

【今回のワークショップ参加メンバー】

江別から参加したミールちゃんと、埼玉在住のミール母。

息子ダイソンとナビの4名です。

 

【樹液採取へGo!】

集合場所のビジターセンターより、樹液を採るため、採取缶を設置してある森へ歩いて移動します。

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

2回咳払いをして、森の中へ入ります。これは、アイヌの方々が森へ入る時の儀式を簡略化したものだそうです。

こういうのをサラリを教えてくれるの、むちゃくちゃ心に響きます!

 

【樹液採取の様子】

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

この森では、樹液を採取するための缶が5つ設置されています。

つまり5本のイタヤカエデから、森の恵みをいただいているんですね。あっちもこっちも傷つけないように、毎年同じ木に設置しているんですって。

そして木によって、樹液の味や採れる量が全く違うんです。

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

この樹はこのくらいで

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

こちらは、こんなに!

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

採取缶から樹液をポリタンクに移す間も、姫夏さんがポリタンクの蓋で樹液を受け取ってるのが印象的でした。

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

森を大切にしている気持ちが伝わってきます。

 

雪解け前のこの時期は、木々も葉を芽吹く前の準備期間。木々もたっぶり水分を吸って、その時に備えているんですね。

樹液採取した後の缶に、樹液がしたたる音です。静かな森の中で、樹液の奏でる音と鳥の声だけが聞こえます。

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

 

【樹液と地元の厳選素材メニュー】

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

なんと、このワークショップ。樹液を採って煮詰めてメープルシロップを作り、樹液でパンケーキを焼き、樹液のコーヒーをいただくというおやつ付きなのです!

お昼は、各自準備をしてくることになっていたのですが、オプションメニューの『オハウ』を別途注文しました。オハウはアイヌ伝統の汁物です。

今回のオハウは、鹿肉(ユク)が入ったユクオハウ。それも樹液入り! ユクオハウ、ナビは初めていただきました。ワイルドな美味しさ、たまりません!

この鹿肉は、姫夏さんが狩猟免許を持っているつながりから、伝説の猟師からわけていただいたものということで、臭みがなくて、柔らかい!

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

そして、なんと!鹿肉のステーキまで!これ、本当に美味しかったな~。

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

そうこうしているうちに、ラーメンがゆで上がりました。本日のオハウの〆は、ラーメンです。ネギとゴマ油をかけて…。むっちゃ旨!

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

お腹が満たされたところで、焚火を囲みながら、スプーンを作ります。木とナイフが渡されるだけ。設計図やマニュアルのない作業、無心になれます。

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

順調に一番に出来上がったのは、ミール母。むちゃくちゃ上手です!ちなみにミールちゃんは、飽きちゃって、そのまま放置…笑

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

その間、樹液は鍋にかけられ、煮詰められていきます。白老の有名スイーツ店『 MAIKO’S BAKE 』のパンケーキミックスと樹液とフロンティアの卵で作られたパンケーキもできあがりましたよ。

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

樹液で淹れたコーヒーも一緒にいただき、本当にびっくりするほどの美味しさで大興奮!樹液には糖分が含まれていて、特に温めると甘味を強く感じます。白老の厳選素材しか使ってないんだもんなー。なんて贅沢なんでしょ。

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

お土産にいただいたメープルシロップです。

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

その後、またしばらくスプーンづくりをして、ナビはここまでできました。

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

ダイソンは、取っ手部分に「くぼみ」をつけて、持ちやすくしたそうです。

そして、みんな大満足でワークショップを終えました。

 

※樹液採取ワークショップは、2/24~3/8の期間限定ツアーです。
※ツアーは、現在『 北海道体験.com 』のみでお取り扱いしています。検索窓の隣『コースNo.』にチェックして、検索窓に『5041』とコースナンバーを入力するとスムーズです。
※今後、ポロトの森エコミュージアムのホームページからも申し込みができるように準備中です。お楽しみに!

 

ポロトの森『ガイド姫夏』推しのツアー!

ポロト湖SUPツアー『SUPで湖散歩』

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

姫夏
姫夏
冬以外の季節には『SUP(サップ)』を激押しします!
白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

【SUP(サップ)】

サーフボードのような板の上に乗り、パドルで漕いで水上を散歩します。ポロト湖の上で感じる風や水などの自然の音色はとても癒されます。難しいと思われがちですが意外と簡単に立てて楽しめますよ!

白老でやってみよう!体験・アクティビティ・アウトドア まとめ【一覧】白老は、美味しいものと温泉だけじゃない! 海にも山にも近く、自然豊かな白老では、ココでしか楽しめない体験やアクティビティができます...

 

雨の日のポロトの森散策

 

この投稿をInstagramで見る

 

ポロトの森エコミュージアム(@poem_porotoecomuseum)がシェアした投稿

雨の日ならではの、森の遊び方を教えてくれます。ポロトの森エコミュージアムのツアーは、小雨でも決行します!

 

【姫夏ガイドからのメッセージ】

自分たちが住んでいる町にあたり前にある森。

でも、本当に美しくて尊くて、守られていくべき森だと感じています。

町外からのお客様にはもちろん、白老町内の方にもこの森をぜひ感じて欲しい!子供たちにもこの森を誇りに思ってもらえるよう、魅力的なガイドプログラムを増やして、これからも活動していきます。

ぜひ、気軽に遊びに来てください!お待ちしています!

 

『ポロトの森』で白老の自然を満喫しよう!

白老 ポロトの森エコミュージアム ワークショップ ツアー 樹液採取

ポロトの森は、季節も天気も選ばない。いつ来ても、極上の楽しみ方を教えてくれるガイドがいます。

例えば、今回のワークショップでは、ただ歩くだけじゃなくて、アイヌの文化を教えてくれて実践してみたり、白老の厳選素材を使ってスペシャルなお食事やおやつまで準備してくれたり。

それも、サラリと自然に。←ココ、ポイント!

非日常のとても深くて、素敵な時間が過ごせました。

キャンプ場利用者には絶対にオススメのワークショップですし、ウポポイに来るときには、このポロトの森で過ごす時間も設定してきて欲しい!

この笑顔にぜひ逢いに来てくださいね!